自己肯定感を下げるセルフタイム

日本の男性を応援し続ける。SEXカウンセラーの西野奨です。
実はこのSEXカウンセリングという肩書は好きではないのですが、、、
いい肩書。キャッチフレーズないかな~と模索中です。

さて今日は自己肯定感を下げてしまう『セルフタイム』についてお話します。

むむむ。セルフタイムって何ですか?

まずはその説明からですね。

セルフタイムとは

セルフタイムとは、『オナニー』『自慰行為』のことを言います。
こっちのいい方の方が言いやすくないですか?

これは、女性ユーチューバーのさちっちゃんがそういっていたので使わせていただいております。

リンクを張っておきますが、このユーチューバーは女性サイドからの性について本当に赤裸々に発信している方。
女性の心理や体のことなど本当に勉強になります。

さっchannel

セルフタイムとは、『オナニー』『自慰行為』のことを言ってます。

なぜセルフタイムが自己肯定感を下げるのか

ではなぜ?このセルフタイムが自己肯定感を下げるのかをお話ししていきます。

みなさんはセルフタイムの後、どのような気分になるでしょうか?
いわゆる賢者タイム発動で我に返ってしまいますよね。

さっきまでは頭の中がいやらしいことでいっぱいで、動物のように自分の性器を前後に動かして快感を貪っていたのに、、、

事が終わると、賢者のように理性的な自分に戻ります。

この賢者タイムが重要で、セルフタイム終了後は自分の行為を少なからず恥じる、卑下する方が多いと言われます。
そこが、セルフタイムをすると頭が悪くなるなど迷信として言われていたことだと思います。

あたなのセルフタイムの頻度は?

セルフタイムの頻度によって大きく変わるのですが、
私はほぼ毎日してます(笑)

今は違いますが、過去の私は毎日セルフタイムが終わるたび自分を卑下しておりました。

私の中での性行為は汚らわし行為であり。その行為をしている自分は悪でありました。

でも、毎日セルフタイムを行うのです。

そして、行為が終わるたびに自分を責めるのです。
このようなルーティーンが毎日続くとどうなるでしょう。

そうです、自分を毎日卑下して責めると自己肯定感が低くなっていくのです。

私は3歳くらいの時からこのセルフタイムを行っています。
かれこれ30年くらい毎日セルフタイムを楽しみつつ自分を責め続けたのです。

私の自己肯定感の低さはセルフタイム後の考えが作り上げました。

当然、SEXを覚えた頃も同じく、行為後は自分を責め続けていました。
相手の女性からは、SEX後の変化に対し女性自身に魅力がないのだろうと言われ、
一夜限りの関係が多くありました。

セルフタイム後のルーティーン

なので、みなさんにオススメしたいのは、
と言うか必ずやってください。

セルフタイム後は只々快感に浸りいい気持ちのままOKの気持ちと共に終えてください。

セルフタイム、性行為は接して悪ではありません。健全な行為です。

もっと言うと、神が与えた人間に与えられたギフトです。
なので、このギフトを喜びとともに受け取りましょう。

セルフタイム後は、快感に浸り喜びを感じましょう。

それだけで、あなたは喜びのある豊かな人生を選択する事ができるのです。

感謝と共にセルフタイムを楽しみましょう

Follow me!

10分1000円で性の悩み解決!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です